放浪薬剤師x地域x〇〇

地域医療など備忘録

服薬指導で心がけていること

私は、来局してくれたことに感謝の意味を込めて

「ありがとううございます」と伝えます。

笑顔で帰ってもらえるように心がけています。

患者さんと話が出来るようになると、仕事って格段に楽しくなります。

 

 まず服薬指導は、患者さんと薬剤師の信頼関係がないと成立しないですよね。

信頼関係が形成出来ていないのに、コニュニケーションは取れません。

 

調剤薬局は、立地が良ければ患者さんが来局してくれるので

マーケティングはそれほど必要がないと感じています。

しかし立地に甘んじていると、急激な時代の流れに取り残されると思います。

そんなとき、他業界ではどのようなサービスを実践して

顧客のココロを掴んでいるのか興味があり、この本を手に取りました。

リッツ・カールトン一瞬で心が通う「言葉がけ」の習慣

リッツ・カールトン一瞬で心が通う「言葉がけ」の習慣

 

 内容はホテルでの出来事を例に書いているので、薬局とは無関係と思われますが

ホテルを薬局に置き換えて読み進めていくと、参考になる事が多くありました。

読み流すよりも有意義に勉強できました。

血の通った温かい人間関係を構築するヒントが随所にあります。

自分の業界だけでなく、他業界職種を勉強することは多くの学びがあるので

楽しいですね。

まとめ

ほんのちいさなことや言葉のニュアンスで信頼関係は大きく変化する。

心のアンテナを張り巡らせる。感受性を高めて相手の情報を受信出来るように。

相手の気持ちを考えて行動する。

感謝の気持ちを常に持つ。

 

 追記

帯より 高野登

※挨拶は理想の自分になる一番簡単な方法

※知識を身につけるひと手間が会話の幅を広げる

※相手をしるための投資を惜しまない

※ほめる時は、相手の核心をほめる

※話をするのは相手80:自分20で十分

※自分の好みで「お薦め」をしない

※不満を不満で終わらせない「ひと言」をかける

※相手の立場に立って「俯瞰的」にものを見る習慣をつける

※相手のルールでお金を払ってもらう

※今、お客様でない方への対応が、未来のお客様を創る

※指摘を受けたら「20分以内」に対応、できなければ20分以内に報告

※相手の時間価値をいかに高めるかを追求する。