読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放浪薬剤師x地域x〇〇

地域医療など備忘録

医薬品副作用救済制度

放浪薬剤師シビリーです。

 

本日のテーマは

副作用が起こった時の対処法

 

 副作用はSE(side effect)とも略され

世界保健機関(WHO)の定義では

「有害かつ意図されない反応で、疾病の予防、診断、治療または身体的機能の修正のために人に通常用いられる量で発現する作用」

とされます。

 

副作用の疑いがある時にまず行わなくてはいけない事は

  • 疑いのある医薬品を中止する

中断せずに服用し続けたら悪化してしまいますからね。

 

次に、健康被害を評価します。

医薬品を適正使用したにも関わらず、副作用により入院治療が必要になるほど

重篤な健康被害が発生した場合に

「医薬品副作用救済制度」

と言う公的な制度があります。

医薬品とは、医療用・OTCともに対象です。

 

制度の流れです。

f:id:cosmedicinepharmacy:20170505194443g:image

制度の基本について - 医薬品副作用被害救済制度

 

医薬品を適正使用していても、重篤な健康被害は時として起こってしまいます。

 

ハイリスク薬と呼ばれるものは特に注意が必要です。

 

ここで、確認して欲しいところは

手続きを行うのは医療機関ではなく

患者さん本人と言うところです。

医療機関は、制度の認知を行なっていかなくてはいけないと思います。

 

私はまだ制度を利用された方を存じ上げていませんが、必要な方に必要な情報を提供できるようにしていかないとですね。

 

また

医薬品でも抗ガン剤など

適応外医薬品があること

給付の種類や請求の期限がありますので

しっかり確認して下さい。

 

手順や書類のダウンロードはリンクから確認出来ます。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました★

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

職業遍歴【ドラッグストア編】

放浪薬剤師シビリーです。

 

最初に就職した勤務先は

ドラッグストアでした。

 

これからは

セルフメディケーションの時代】

と思ったので志望しました。

 

OTCのみの取り扱いで

調剤併設店ではないところです。

医療用医薬品とは全く触れ合う機会は

ありませんでした。

 

強いて言えば

ロキソニンS・ガスター10・リアップとかですね。

 

 

主に担当した業務は

  • OTC接客販売
  • 医薬品粗利改善
  • ボディケア
  • オーラルケ
  • サロン用品

 

接客による粗利の良い商品を販売して

利益率をあげていく。

目標設定してスタッフを巻き込んで行うと

モチベーションも上がり達成しやすくなります。

接客以外にも

商品のの配置・見せ方であったり、仕入れを安くするなど色々な方法があります。

本質では

利益が出ないと給料を払って貰えない

だから試行錯誤して利益UPを目指します。

 

ドラッグストアでは、医薬品だけでなく生活全般を扱っているので幅広い知識を得られました。

美容部員さんなど色んなスタッフもいるので、様々な価値観に触れ合うことが出来て成長できたと思います。

 

 

今日はここまでです。

最後まで読んで頂きありがとうございました★

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

バイタルサイン 放浪薬剤師

放浪薬剤師シビリー(@pharmacist_roam)です。

 

5月に入りましたけれど、タミフルやイナビルの処方箋がきました。

まだインフルエンザはいますねー。

 

バイタルサインの研修会に行って来ました。

参加した理由は、単純に面白そうだったからです。

実際に有意義な時間でした。

 

病院・調剤・在宅の設定でトレーニングがあり

限られた状況での情報収集のポイント

状況判断の思考プロセスのフィードバックなど

多くの学びがありました。

 

バイタルサインの良いところ

  • 数値化

他職種に状況を伝えるときに数値化することで伝達速度が早くなる。

薬剤師では、薬の効果副作用が出ていないかどうかの判断基準になる。

 

薬剤師向けの研修で実践力を身につけるために

よくある症例のシュミレーショントレーニングを学んできました。

まずは、バイタルサインのおさらいをしました

  • 意識
  • 血圧
  • 体温
  • 脈拍
  • 呼吸
  • SPO2
  • 心電図

主にこれらの項目を使って状態を把握をします。

状態を把握出来たら

まず緊急の度合いを考える。

必要であれば、他職種に繋げる・適切な薬物治療の提案をする。

 

状態変化の早期発見が出来るようになるために

バイタルサインへの理解を深めたり

些細な変化に気付けるように、観察力察知力を磨いていく必要がありそうです。

 

 

本日も最後までありがとうございました★

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

在宅ホスピス研修会

こんにちは。放浪薬剤師シビリーです。

 

在宅ホスピス研修に参加してきました

f:id:cosmedicinepharmacy:20170502193750p:plain

 

概要として

 

【研修プログラム】

4日間

【目的】

終末期医療で活躍できる薬剤師を育成すること

 

今回は、第1日目でした

日本の在宅医療の現状や、超高齢化社会が意味することの講義があり

医療政策が地域包括ケアを求めていることを再認識しました。

高齢者に限らず、地域の住人が安心して暮らせる多様な住まいを提供できるように

他職種連携の強化をしていかないとですね。

 

実際にホスピスで勤務されているDRの講演もありました。

このDRは働き始めの頃は、末期の患者さんでも心臓マッサージをしていたそうです。

昔は延命治療が優先されていたのですが

現在では、病気を治す事と患者を癒す事の2つの治療関係があります。

 

ホスピスの概念では

  • 人間とは死すべきもの
  • 治療対象は生きづらさ・死にづらさ
  • 治療方針の決定は残された時間
  • 治療の結果はいのちをつなぐ 

ひとりの人間として、ひとりひとりの人生によりそったケアが必要になってくるようです。

 

日々の服薬指導でも人それぞれの人生をくみ取れるようにしていきたいです。

 

 

 

最後までありがとうございました★

 

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

はてなアバウト更新しました

放浪薬剤師シビリーです。

 

はてなアバウトとなるものがあったので更新しました。

自分のポートファリオにもなるので作成してない方は

活用してみてはいかがでしょうか。

 

staff.hatenablog.com

 

はてなアバウトでは

自由記述欄ではHTMLモードなどがあり、ややこしかったので

通常の記事を書くで

みたまま編集で文章を書いてから、隣のHTML編集をクリックして

コピーし、はてなアバウトの自由記述にペーストすると

ちゃんと記事が書けています。

 

組み合わせたらなんとかなるものですね。

色んな視点から物事を読み取れるように、知識を知恵に変換出来るようにならないとですね。

 

 

最後までありがとうございました★

 

 

 

不動在庫処理の続き

こんばんわ。放浪薬剤師シビリー(@pharmacist_roam)です

世間はGWですね。明日も仕事がんばります。

 

前回の続きです。

結論は

担当MRさんに、使用している調剤薬局探してもらうことです。

薬局になかなか来てくれてなくて、頼みづらい時は

医薬品卸MSマーケティングスペシャリスト)さんから

MRさんに確認を取ってもらう事が考えられます。

 

卸している調剤薬局さんが見つけることが出来たら

あとは、直接交渉して引き取って貰うのみです。

資産をマイナスからプラスに変えられます。

 

f:id:cosmedicinepharmacy:20170502000151p:plain

 

 不動在庫は負債なので、出来るだけ早く処理しましょう!

ちりも積もれば大きくなりますよね。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました★

 

返品を断られた不動在庫の処理方法

放浪薬剤師シビリー(@pharmacist_roam)です。

 

みなさん不動在庫ってどのように処理していますか?

f:id:cosmedicinepharmacy:20170428034729p:plain

初めに不動在庫の定義ですが、薬局の数だけあると思います。

私も幾つかの会社・店舗で勤務しているので身をもって体験しています。

同じ会社でも、管理者によって考え方が違うので在庫処理をする際には

定義を確認することから初めなければなりません。

 

自分は良かれと思って我流で不動在庫処理を進めても、他のスタッフから後々反感を買うことになりませんからね。。。

 

具体的には下記のようなものが不動在庫ではないでしょうか。

  • 6ヶ月以上処方が無い薬剤
  • 期限切迫品
  • 包装変更で返品が出来なくなった薬剤
  • GEに切り替えた際に余った先発品

 

 解決策として

大手と言われている会社でしたら

処方のある店舗に送り込む(店舗間移動)ことで解決出来ます。

採用品目も統一されていることが多く

効率良く不動在庫を減らすことが出来ます。

 

中堅会社でも店舗間移動で解決できるのですが

情報共有ができておらず採用品目が統一されていないと言った問題や

送り込む際に配送費用がかかってくるので

薬剤費と配送費用を考慮しないといけません。

 

個人薬局の場合はどうでしょうか

他に店舗もないので期限が来るのを待って廃棄するしかないのでしょうか。

実際のところは、地域の薬剤師会などで不動在庫情報を共有して売買したり

買い取り専門の会社に売りさばくことで

不動在庫を削減することは出来ます。

 

あとは卸さんに返品依頼をすると言ったところでしょうか。

 本日、卸さんに返品依頼が難しいと思う薬剤をダメ元でお願いしていたのですが

以下の理由で断られました。

  • 納入してから日が経ち過ぎている(約2年前)
  • 期限切迫なので難しい(残り10ヶ月)

 

なので、返品をお受け出来かねますと。

引き取りても極めて限られているので、他の取引先にまわすことも難しい

廃棄にしてもらうしかないと言われました。。。

 

高い医薬品ではないので、廃棄処分してもそこまでダメージはないと思いますが

廃棄すること前提で話されるとなんか違うなと感じます。。。

もう少し他の言い方であったり伝え方があったのではないのかなと思いました。

 

あなたなら、このあとどのように対応しますか?

素直に廃棄処分しますか?他の方法を考えますか?

 

次回、私の取った行動を書きたいと思います。

f:id:cosmedicinepharmacy:20170428035146p:plain

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました★